薄毛の悩み、予防と対策

2010年08月02日

育毛剤の種類と効果1

薄毛にお悩みの方は、すでに育毛剤を試されてる方も多いと思います。でも種類の豊富な育毛剤、選び方かわからずなんでもいいやなんて思っていませんか。

薄毛、つまり抜け毛には原因があり、男性ホルモンのテストステロン原因です。

育毛剤の抜け毛を予防する成分というのは、大きく4つの働きに分かれていてその組み合わせでそれぞれの特徴を出しています。

それは
・男性ホルモンの働きを抑えること、
・毛母細胞を活発化させること、
・頭皮の血液循環を良くすること、
・皮脂の分泌を抑えること
以上4つの働きです。

次回は、育毛剤の成分を挙げて説明しますね。
posted by さくら at 10:44 | 薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

頭皮について考える

薄毛の原因としては、頭皮の栄養不足やストレスなどが挙げられます。

私が自分の抜け毛が着になり始めた頃、行きつけの床屋さんで言われました。
「頭皮が薄くなったね」と。
これは、頭皮の柔軟性がなくなり髪が抜けやすくなった、ということです。
意外と知られていないことです。
ひとつには頭皮の栄養不足が原因と考えられています。

気付いてる人は、わかると思いますが、抜け毛は増えて気になりだした時の髪の毛は、抜け毛が少ない頃の髪の毛より細くなっています。

つまり、髪の栄養を吸収するはずの頭皮に、十分な栄養がないのです。

対処法としては、コラーゲンを摂取することです。
頭皮の栄養素として大事なのはコラーゲンだからです。

アメリカの研究では、コラーゲンの摂取により
髪が太くなったという研究結果が報告されています。

よくよく考えれば、細い髪の毛が太くなったということは、それだけしっかりと根付いているということですよね。
posted by さくら at 10:39 | 薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

薄毛の治療は?

薄毛の治療、今はかなり進んでいて病院でも治療できるんですよ。
ほとんどの人は、市販されている、発毛剤や育毛トニックなどを使われていると思います。

しかし、2005年に発売された「プロペシア」という治療薬を医療機関が扱えるようになり、病院での薄毛治療が可能になったんです。
このプロペシアは発毛剤や育毛トニックなどと違い飲む治療薬です。

ただ、これは男性用の抜け毛治療薬なんです。
いわゆるAGAという男性型脱毛症に対して有効なんです。
じつはこのプロペシアははじめは、抜け毛治療薬ではなく前立腺肥大症の治療薬だったんです。
それが、男性の抜け毛に効果があることがわかり薄毛治療薬になったんですよ。
なんとなくバイアグラに似てますね。

プロペシアは現在、60カ国以上で薄毛治療薬として使割れています。
治療法がが簡単なことから人気があります。

ただし、これを手に入れるには、医師の診断と処方箋が必要になります。ちょっと面倒ですね。
しかし、医師の診断の下で薄毛治療だ出来ることは悩みを抱えるひとにとってはうれしいことでもあります。


よく言われる薄毛とは、髪の毛の量ではなく、
生え変わるたびにだんだんと毛が細くなり、ボリューム無くなってくることを指します。
posted by さくら at 20:42 | Comment(0) | 薄毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜大金が必要な育毛法はもういらない!本当に生える実践的な発毛法〜「リカバリーメソッド」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。